■ 御堂筋イルミネーション2012

毎年、冬の風物詩のようなイベントになってきました御堂筋イルミネーション
今年もイルミネーションを製作させていただきました。(公式ページはこちら

御堂筋を歩く人たちへ目玉となるようなスポットを、ということで始まった御堂筋イルミネーション写真撮影スポット。
開始初年度より3年連続で製作・展示させていただいてます。
今年は2作品。私たちが創りたいと思っていたモノを作りました。

作品その1 「笑顔のお母さん」
御堂筋イルミネーション「笑顔のお母さん」アヒルの灯り
お母さんアヒルと子どもアヒルがモチーフの光る立体造形。
剥き出しのLEDとは違う、落ち着けるイルミネーションという新しい体験をしていただければと思います。
近くのベンチに座り、ゆっくりを眺めていただきたい作品です。

御堂筋イルミネーション「笑顔のお母さん」アヒルの灯り
大きさは2メートル以上。「ふれ合える」イルミネーションです。
表面はプニュプニュとしたふしぎなさわり心地です。

御堂筋イルミネーション「笑顔のお母さん」アヒルの灯り
お母さんにはメッセージ付き。作者は照明塾の橋田裕司氏です。(http://www.shomeijuku.com/
橋田氏の作るあかりの造形はいつみてもほっこり心が安らぎます。


作品その2 「きのこ家族」
御堂筋イルミネーション「きのこ家族」
こちらは対照的な作品に仕上がりました。
2メートル50センチの大きなキノコは「キノコを見上げる」不思議な感覚を味わえます。

御堂筋イルミネーション「きのこ家族」
大きなキノコはお母さん。その周りには7人の子どもキノコが遊んでいます。
アヒルときのこ、雰囲気はまったく違いますが、従来のイルミネーションにはない楽しさを感じていただけましたら幸いです。

開催は来年1月20日まで。是非ご覧ください。
「笑顔のお母さん」は京阪神御堂筋ビル(大阪市中央区道修町3-6-1)

大きな地図で見る
「きのこ家族」は 本町南ガーデンシティ(大阪市中央区北九宝寺町三丁目6番1号)

大きな地図で見る


番外編 水都OSAKA造形作品

御堂筋イルミネーション座れるイルミネーション「水都OSAKA」
初年度展示の作品「水都OSAKA(作者:桑山真弓さん)」も展示されてます。
こちらは中之島公園芝生広場に設置してます。「座れるイルミネーション」として、たくさんの方に楽しんでいただいてます。

番外編その2 梅田スノーマンフェスティバル2012
梅田スノーマンフェスティバル(宝塚大学)
宝塚大学の学生さんとのコラボレーション作品です。2年前に製作しましたが、毎年この時期に展示されています。(スノーマンフェスティバルは12月25日まで)

大きさ3メートルを超える巨大スノーマンのイルミネーションは、フェスティバル中、最も見応えのあるスノーマンのひとつです。
場所がややわかりにくいですが、こちらも是非ご覧いただければと思います。

宝塚大学(大阪市北区芝田1丁目13番16号)

大きな地図で見る


巨大な造形イルミネーションは夜中にこっそり搬入されます。
御堂筋イルミネーション「笑顔のお母さん」アヒルの灯り
クレーン車で吊り下げられるアヒル。

御堂筋イルミネーション「きのこ家族」
トラックで運ばれてきたきのこは・・・。

御堂筋イルミネーション「きのこ家族」
やっぱりも同じく、ぶら下がってます。

設置の現場には立ち会いましたが、今年はまだ御堂筋イルミネーションを歩いていません・・・。
少し落ち着いたら夜の御堂筋を散歩してみたいと思います。



● 公式ページはこちら ●

● 最近の動向 ●

● カテゴリー ●

● カレンダー ●

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

● アーカイブ ●

search this site.

others

mobile

qrcode